タブレットposレジを利用する4つのメリット

Business Navi

タブレットposレジに必要なもの

  • タブレット
  • キャッシュ用ドロア
  • カスタマーディスプレイ
  • レシートプリンタ

タブレットposとターミナルposの違い

タブレットpos

タブレットposは、ターミナルposに比べて導入が簡単で導入費用も安く済むことが魅力です。しかし、ターミナルposに比べると機能性やカスタマイズ性で劣ってしまいます。

ターミナルpos

ターミナルposは、タブレットposに比べて機能性やカスタマイズ性が高いことが魅力です。しかし、導入費用とランニングコストが高いことが欠点です。

タブレットposレジを利用する4つのメリット

店員

コスト削減

タブレットposレジのメリットの1つが、「コスト削減」です。大手コンビニなどで使われているターミナルposレジは、導入費用で100万円以上かかることも珍しくはありません。しかし、タブレットposレジならば、タブレットを購入してシステムを入れるだけなので、初期費用を10万円以下でおさえることができます。レジに予算をかけられないお店も安心して導入することができます。コストは下がっても機能は豊富なので、心配する必要はありません。

持ち運びが簡単でスペースをとらない

タブレットposレジは、名前の通りタブレットを使用するタイプのposレジです。そのため、持ち運びが簡単でスペースを取らない、というメリットを得ることができます。レジのカウンターのスペースを大きくとることができないお店や、屋外でのイベントが多いお店の方でも気軽に利用することができます。最近では、フードトラックにもタブレットposレジが普及していて、フードトラックでありながら、簡単にクレジットカード支払いができるようになっています。

誰でも利用しやすい

大きな専用機を用いるターミナルposレジは、タブレットposレジに比べて機能性とカスタマイズ性が高いことが特徴です。しかし、できることが多くなる代わりに、操作に慣れるのに時間がかかってしまいます。一方、タブレットposレジはターミナルposレジに比べると操作が簡単なことが大きな特徴になります。直感的に操作することが可能なので、初めてposレジを使う方でもすぐに操作に慣れることができます。アルバイトが多い飲食店でもレジの操作に関して心配する必要がなくなります。

拡張がしやすい

タブレットposレジは、拡張がしやすいことも大きなメリットになります。基本的にはタブレットとキャッシュ用ドロアーがあれば、基本的なレジ機能を使うことができますが、もう1つ小さなタブレットを追加することで連携させることも可能です。連携を行うことで、1つのタブレットで入力した注文をもう1つのタブレットですぐに受け取ることができます。飲食店でキッチンとホールに分かれたときにもスムーズなやり取りが可能になります。