煩わしさのない

大勢の会葬者がやって来て、あわただしく1日が終わる。それが従来の葬儀だと思われますが、その形式が煩わしいと言う声も少なくありません。 直葬を行う事で、その煩わしさを感じないですむと言うメリットがあります。

Read more

利用料金について

遺品整理サービスを利用する際にかかる費用は、整理する遺品の量やその状態などによって変わってくることになります。ですので、実際にかかる費用を正確に知りたいのであれば、業者に聞きましょう。

Read more

お墓を購入しておく

最近、生きているうちに将来自分が入るお墓を購入しておくという人が増えてきました。そうすることによって、自分の死後に遺族にかかる負担を軽減してやることができるというのが大きな理由になっています。

Read more

昔に返る現象

最近、葬儀の種類の中でも直葬を選ぶ人が増えてきています。なぜなら、いくつかのメリットがあり、選ばれやすいからなのです。

日本における墓石の歴史

洋の東西を問わず、石を用いて墓標となすことはほぼ万国共通の習慣となっていますが、わが国にその習慣が伝わったのは平安時代と言われています。これは言うまでもなく仏教の普及によって仏式の埋葬形式が一般化したことに伴うものです。 墓石を建立して個人の菩提を弔うのは、長い間貴族や武家階級のみが行っていたことでした。しかし江戸時代には庶民にもその習慣が行き渡り、現代につながる弔いの形式が確立されることになりました。 ただし家単位で1つの墓石を弔いの対象とするようになったのは比較的新しく、明治時代に旧民法が制定されて「家」制度の強化が図られたのに歩調を合わせてのことだとされています。してみると昨今個人単位で墓石を建てる人が増えてきたのは、ある意味では昔に返る現象であるともいえます。

現在はデザインも多様化

現代では個性を重んじる風潮を反映して、墓石のデザインも多様化する傾向にあります。 墓石のデザインのうち最も伝統的なのが、和型と呼ばれるものです。平たい台石を2つ重ねた上に縦に細長い石を載せた、お馴染みのスタイルです。一説には仏の遺骨を安置する施設である仏舎利を模したものだと言われています。 これに対して、最近人気が高いのが和洋折衷型と呼ばれるタイプです。これは和風の台石の上に横長の石が載るというものです。芝生敷きの霊園が増えてきたことから、付近との調和を考えて考案されたスタイルです。 これ以外では、完全に自由なデザインによるタイプもあります。生前に自ら注文する人も増えており、音楽好きな人が巨大な音符の形をした墓石を建てたり、噴水型の墓碑を作ったりと自由な発想を反映させることができます。